お問い合わせ

稅関?輸出入

德州扑克和梭哈一样吗:ダウンロード稅関?輸出入

業務範囲:


梭哈单机牌 www.ahuhp.com 里兆のクライアント群には、數多くの大手多國籍商社、貿易會社、物流企業および製造業企業があり、クライアントの國際貿易、中継貿易、加工貿易および製品、原料、部品のグローバル流通、輸出入、輸送等の業務過程における法律サービスのニーズを満足させるために、里兆は中國対外貿易および中國稅関政策法規の研究、探索および運用に取り込んでおり、クライアントに當該分野における専門性の高い指導的意見および法律サービスを提供しております。


里兆の當該分野における主な取扱業務:

  • 稅関、輸出入商品取引、流通分野の商品分類、関稅評価、原産地、関稅の徴収管理、租稅の減額?免除、保稅等の実務取扱でぶつかった問題について、クライアントに適切な解決策および弁護士意見を提供している。
  • クライアントの対外貿易輸出入通関管理、検査申告、國際物流倉庫保管、保稅加工、稅関による知的財産権保護等の分野における業務取扱手続きに対し、コンプライアンス審査を行い、輸出入通関管理および稅関監督管理を受けること等の方面において、クライアントに実行可能な指導意見を提供し、対外貿易および稅関に係る法律事務方面における潛在的にある法的リスクを解消し、貨物の輸出入通関の適法化と規範化を実現させる。
  • 稅関査察、稅関行政処罰、密輸取締等の案件で、クライアントを代表して稅関および検査検疫、商務等の職能部門との折衝および意思疎通を行い、専門的な角度から案件を分析し、案件の事実と証拠、実體と手続きを詳しく調べ、法に従いクライアントの適法な権益を擁護する。また、クライアントおよび関係部門に協力し、事実を調べ上げ、責任分擔を明確にし、法に則って処理し、クライアントの損失をできる限り回避又は減少させるようにする。
  • 一部國際貨物輸送代理、物流企業のために、稅関、輸出入、加工貿易、物流監督管理方面の法律、法規、政策情報を定期的に収集、整理し、物流ニュースレター(和中対訳版)を編集、提供している。クライアントに最新情報を提供し、クライアントの中國本土および各地方の関係規定および政策に対する把握、理解に協力している。


実績(代表的事例):

里兆の稅関、輸出入分野における実績


里兆は長期にわたり、クライアントに稅関、輸出入、國際貿易、國際貨物輸送等の方面に係る法律サービスを提供しており、複數のパートナーおよび弁護士が稅関業務を取扱い(特に、クライアントを代表して稅関調査、査察、行政処罰業務の取扱に関與すること)、クライアントと職能部門との連絡、折衝、調整に協力することができます。また、この種の業務を取り扱っていることで、豊富な実踐経験を蓄積しており、一部地區の稅関、商品検査、商務部門等と比較的に良い連絡関係を維持しているほか、里兆は資格?実力のある、信頼度の高い専門機構(例えば、通関會社、輸出入商品分類機構、商品検査検疫機構、鑑定機構等)をいくつか選んで長期的な提攜先にし、クライアントに全面的で専門性の高いサービスを提供することができるようにしています。


ここ數年、里兆がクライアントからの依頼を受けて、処理した稅関、輸出入業務の一部の代表的事例:


キーワード

代表的事例の一部

輸入商品分類の不実申告
申告ミス
行政処罰

  • 某國際貿易會社が數年にわたって続々と、主管稅関に輸入機械部品の申告を行っていた。しかし、稅関が當該貨物について商品分類を検査しているところ、同社が提供した貨物製品説明書および分類決定に基づき、當該貨物の商品稅則コードにミスがあると認定した。稅関書類審査処は、同社に商品分類の不実申告の疑いがあり、かつ未納付の関稅と輸入段階増値稅の金額がやや大きく、密輸の疑いがあると判斷したことで、當該案件を密輸取締部門に移送し処理することになった。

    弁護士がクライアントの依頼を受けて、稅関輸出入通関部門および稅関密輸取締部門に積極的に働きかけて、狀況を把握し、稅関関係部門による調査に積極的に協力するようクライアントにサポートした。その同時、クライアントの會社にて大量の証拠を調査、収集した上、クライアントを代表して、稅関が組織したヒヤリング、調査手続きにおいて、事実背景、認定基準、當事者主観上、客観的行為、客観的結果等多方面、多角度から、稅関に挙証、分析、抗弁、解釈、説明を行った。弁護士のたゆまない努力および調整を通じて、稅関が案件に対する事実認定および判定の修正に協力し、最初の「密輸の疑いがある」から「不実申告」となり、最終的に「申告ミス」(過失)に修正された。クライアントが稅関の要求に従い、関稅等の稅金を追納し、稅関からクライアント會社に対する行政処罰が免除され、クライアントに約百萬元の損失が避けられた。

輸入工作機械?設備
「裏契約」
免稅証明書
密輸の疑い
稅関への働きかけ

  • 某外資企業が國外にある親會社から工作機械?設備を輸入する際に、輸入通関地の主管稅関にマークされ、稅関は當該企業が「裏契約」を利用して免稅証明書を詐取し、検査に出したサンプル/第三者検査報告書/鑑定意見書等における虛偽行為(輸入設備が実際に免稅要求に満たしていない)をしたことによって、免稅輸入優遇を詐取し、數額がやや大きく、密輸の疑いがあると推測していた。もし密輸行為と認定される場合、當該企業が行政処罰として約千萬元の罰金を科せられ、ひいて重大な刑事犯罪を指摘される可能性がある。

    弁護士は依頼を受けた後、案件に係る擔當者および案件事実について大量で詳細な調査、分析を行い、権威のある鑑定機構に連絡し、同案件の重要事実について鑑定を行った上、鑑定報告書が発行され、當事企業と主管稅関との複數回の協議、折衝に協力した。専門性の高く、権威のある鑑定報告書を根拠にして、申告資料の真実性、適法性、有効性について獨特な分析をし、専門性の高い意見を提供したことで、好成績を収められた。最終的に、本案件が密輸にあたると稅関に認定されることが避けられ、當該企業が負擔するはずだった行政処罰責任を著しく軽減することができた。

    その後、弁護士は本案件によって露呈された輸出入通関段階における企業自身の管理問題について、コンプライアンス意見および是正意見を提出した上、是正に協力し、類似した違法?規則違反案件の再発をなくすよう企業に協力した。

自由貿易試験區
保稅倉庫の閉鎖

  • 自由貿易區內における某日系企業が中國から撤退する際に、保稅倉庫を閉鎖するために、クライアンと自由貿易區稅関の間の協議、折衝にサポートしていた。當該企業の経営期間における保稅倉庫業務についての整理、調査に協力し、係る事実に基づく調査報告および係る法律意見を稅関に提供し、クライアントを代表して稅関との折衝を行った。最終的に稅関の認可を取得し、當該保稅倉庫の閉鎖が認可され、稅関がクライアントに対して高額な稅金の追納を求めるリスクが避けられた。

ロイヤルティー
関稅評価

  • 某日系化學工業企業が日本から製品原料を輸入する際に、稅関はその成約価格について質疑を提起し、同企業が日本親會社に別途支払ったノウハウ許諾料および登録商標使用料(ロイヤルティー)を原料の輸入納稅価格に計上し、合わせて関稅を納付するよう要求していた。

    弁護士は依頼を受けた後、輸入した原料、國內生産フロー、ノウハウおよび登録商標の権利帰屬、使用目的および使用狀況等の事実について調査を行い、係る契約書類、通関申告資料、登記屆出証明等について分析、確認の上、クライアントを代表して、主管稅関との意思疎通、折衝を行った。ロイヤルティーと輸入した原料、製品の生産との関係について説明を行い、最終的に、ロイヤルティーを原料の輸入納稅価格への計上を切り上げるよう稅関を説得し、高額な関稅が徴収されることが避けられた。

VMI管理
コンサルティング

  • 數多くの電子製品製造企業、物流企業のVMI管理プランについて、自由貿易試験區政策を活用した輸出貿易?國際貿易?輸入貿易に係る商流?物流?資金流の仕組みを含む、法律意見を提供している。係る貿易契約、倉庫保管サービス契約、輸送契約の仕組みを重點対象とし、輸出入段階、稅関申告、保稅業務、稅関監督管理段階、輸出稅還付段階等の內容について深く分析、論証の上、リスクを提示した。弁護士による専門性の高い法律意見は、これらの企業によるVMI業務の展開において法的にサポートしている。

輸出入におけるコンプライアンス管理

  • 數多くの外資企業からの依頼を受けて、稅関、貨物輸出入、加工貿易、貨物輸送および貨物輸送代理システムの全體的管理、危機警告において、クライアントの稅関、商品検査、通関業者等への働きかけに協力し、クライアントに法律相談意見や解決策を提供している。